みんなが利益を得られるオートメーションを実現する

これはControl Labが掲げるミッション.

みんなが利益を得られるとは,どういう意味でしょう?

錬金術?

共同体?

いろんな取りかたがあると思います.

何が正解とも言い切れないと思います.

ですが一つだけはっきりとしたことがあります.

ものづくりを通して得られるスキルやノウハウ,ヒラメキはオープンであるべきということです.

オープンであることでシェアされ,アップデートされ,リサイクルされ,みんなの利益の種になる.

開かれたオートメーションがみんなの利益につながると信じ,オープンなものづくりに挑戦して参ります.

データ・オリエンテッド・オートメーション

DXやIoTに代表されるように,情報が大きな価値を持つ時代になりました.

制御システムにパラダイムシフトが求められています.

装置をコントロールするだけでなく,コントロールの狭間に潜在する情報をすくい上げ,表現し,発信する.

また,飛び交う情報をもとに,自身をコントロールする自律性.

いかに情報をコントロールするか,ということです.

それには,情報を主語に据える考え方,データ・オリエンテッド・アプローチ,が重要だと考えます.

結果に基づくオートメーションではなく,目的から始めるオートメーション.

Control Labは,データ・オリエンテッド・オートメーションをスローガンに,新たな制御システムにチャレンジします.

コントロールは芸術

画家が絵を描くことで,キャンバスに命を吹き込むように.

書道家が書を書くことで,半紙に命を吹き込むように.

茶道家がお茶をたてることで,茶器に命を吹き込むように.

制御システムは制御プログラムによって,金属の塊に命を吹き込みます.

制御プログラムは芸術.

制御プログラムを操る我々は,アーティストであり,まさに制御家.

Control Labは,制御家という肩書に思いを込めます.