greeting

「ものづくりの今」

これまでのものづくり企業は,さまざまな技術を習得・駆使し,最先端の機能を装備した製品を世に送り出してきました.

消費者は販売される機能・仕様のなかなら自分に合ったものを購入してきました.

「売る側」が先行した理論でした.

時代は進み現代,この理論は通用しなくなりました.

消費者が自分にあったスペックを提示し,生産者がこれに合わせる時代になったのです.

「買う側」の理論です.

インターネットにあふれる情報,SNSで共有されるさまざまな情報.

消費者は生産者からの説明を求める前に,自ら理解を深めることができるようになりました.

消費者が力を持ったと言えるでしょう.

では,ものづくり企業は何をすれば良いのでしょうか.

消費者が求める仕様をリアルタイムに把握し,更新し,タイムリーに製造に反映して行く

そういうものづくりをする必要があるのです.

「もの」ではなく「こと」

もっと言えば

「製品」ではなく「情報」

そのようなものづくりにシフトして行かなければならないのです.

Control Labは「情報」というキーワードに着目し活動ております.

ものづくり企業の皆様が「情報」を活用いただくことで,更に発展されることをご期待申し上げます.

自己紹介

福間 豪(ふくま つよし)

商社→盤屋→工事屋と武者修行の後,フリーランスエンジニアとして独立.

産業オートメーション一筋20年超.

屋号は「Control Lab」.肩書は「制御家」.

みんなが利益を得られるオートメーションを実現する…をミッションに活動しています.

専門は制御システムの標準化,構造化,情報化.

主なフィールドは計装,産業用ネットワーク.